研修プログラム

太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影 
カール ラガーフェルド写真展

   VERSAILLES A L’OMBRE DU SOLEIL 

   太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影
   カール ラガーフェルド写真展  メイン画像_WEB

                                                                                                                                                        (c)Karl Lagerfeld

 

世界的ファッションデザイナーであり、写真家としても活躍するカール ラガーフェルドが、

世界文化遺産のヴェルサイユ宮を光と影と戯れるような、ユニークな視点で捉えた写真展をご案内いたします。

「具体化されたおとぎ話の世界であり、過去のものでありながら私たちの想像力に語りかけてくるところ」と

ラガーフェルドが考えるヴェルサイユ宮。

ゆえにクリエイティヴィティを高められ、ヴェルサイユ宮で写真家として、型破りで私的な宮殿の光景を

映画のような世界観で表しています。それは光と影、遠近法やぼかしを用いて描写される禁断の寓話、

時にドラマチックな物語をも思わせる荘厳な世界です。

 

 

今回の写真展は、2008年にヴェルサイユ宮殿で開催され好評を博した同展から

作品を選りすぐり、日本初公開となります。

また羊皮紙を模した紙を使い、スクリーンプリントによって制作され、鑑賞者が紙の質感や画像の細部まで

堪能できるよう、作品をガラスやフレーム等で額装はせずに、直接壁に取り付けるというシンプルな方法で

より感性を刺激する展示がされています。

 

 

主催のシャネル株式会社のご協力により、会員のみなさまにもご案内をいただいております。

入場無料でございますので、ぜひ銀座のシャネル・ネクサス・ホールへ足をお運びいただき、

お客様とのコミュニケーションにお役立てください。

 

 

 

■カール ラガーフェルド Karl Lagerfeld

1938年ドイツ、ハンブルグ生まれ。3つの言語環境で教育を受け、1952年フランスの高校に進学。

1954年末に国際羊毛事務局(現座・ウールマーク・カンパニー)主催のアマチュアファッション

コンクールで優勝したのを機に退学し、55年にピエール バルマンのアシスタントとして

働き始める。ファッションデザイナーとしての国際的なキャリアと並行して、87年にプロの写真家として

活動を開始。受賞歴に93年ラッキーストライク デザイナー アワード、96年文化功労章

(ドイツ写真協会)、2007年特別功労賞(国際写真センター、ニューヨーク)がある。

また200年には出版人ゲルハルト シュタイデルと共に出版社Edition 7を創立し、

パリに書店Librairie 7Lを開店。2010年、ドイツ文学とノンフィクション専門の出版社、

L.S.D.(Lagerfeld,Steidl,Druckerei Verlad)を設立した。

 

 

開催期間:2017年1月18日(水)~2月26日(日) 12:00~20:00 (入場無料・無休)

会場:シャネル・ネクサス・ホール(中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F)

主催:シャネル株式会社

協力:ヴェルサイユ宮殿

 


【お申込み方法】

事前申し込みは必要ありません。

直接、シャネル・ネクサス・ホールの展示会場へお越しいただき、

ご鑑賞ください。

BACK TO TOP